訪問活動犬
訪問活動犬
訪問活動犬

訪問活動犬とは



  •  福祉施設や学校を訪問し、ふれあい活動を行い体や心のリハビリの補助を行う犬のことです。

訪問活動犬になるには

1 正しく管理されている。
2 見知らぬ人に出会っても落ち着いている。
3 他の犬に対して落ち着いて接することができる。
4 基本の服従、すわれ、まて、こいが出来る。
5 カラダへの接触や、音に対して過敏に反応しない。
6 みだりに排泄したり、吠えたりしない。

犬種、サイズは問いません。
認定審査に合格後、獣医による健康チェックを受け、飼い主が所定の研修を終えて訪問活動犬として認定されます。

ページトップへ